読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大石まさる「続水惑星年代記」

帰宅途中に、さらっと読めて世界観に浸れそうなので購入。大石まさるといえばとあるエロ雑誌で好きだったなあ。 んで、スタバで読む... おお、気持ちいい青春!! わざとらしさがなくって嫌みもなくって、これは良い!! 魅力的なキャラが多いしね。 この中で一…

漫画:長谷川哲也「ナポレオン -獅子の時代- 第6巻」、椎名高志「絶対可憐チルドレン 第6巻」、漫画太郎「ブスの瞳に恋してる 第2巻」 はせがー先生の「ナポ」は待ちに待った新刊ですよ。大事に読みます。 「絶対可憐チルドレン」は、今のところは上手く動い…

熊倉隆敏「もっけ 第3巻」

絵柄からちょっと買うのをためらっていた「もっけ」だけど、思い切って散財して買った第1巻が素晴らしかったので一気にハマってしまった。スタンダードなストーリーと味付けが心地よくって、愛に溢れている感じがまた良い。妖怪ものを扱っている作品だけど、…

福島聡「機動旅団八福神 2巻」

先週から読み出した「機動旅団八福神」。第1巻では今ひとつ掴めなかったけれど、第2巻を読んで、こりゃあ面白いぞ、と。第1巻では布施、第2巻では弓削がいい。んで、第2巻の流れから主人公である名取の存在感も増してきて、いよいよ戦闘・・・。第2巻になると、…

深巳琳子「沈夫人の料理人 第4巻」

出てたのですぐに回収。指のない男「水晶肴肉」編と、雪貞さんの「春餅」編が特にお気に入り。もうなんつーか、李三も奥様も素敵すぎ。ウジウジとしたところが堪らない。「春餅」編なんて、声を上げて笑ってしまった。あと、無視されてウジウジする李三があ…

間瀬元朗「イキガミ 2」

「純愛ドラッグ」編と「出生前夜」編を収録。スタバでコーヒー飲みながら読んでたんだけど、ダダ泣きしてしまった。「純愛ドラッグ」編なんてヤンサン誌上で読んでたのに。やっぱり一枚画で見せるところが上手い。「出生前夜」編のP119なんて、ストーリー云…

漆原友紀「蟲師 7巻」

新刊が出ていたので購入。4編。「雷の袂」と「棘棘のみち」が秀逸。「雷の袂」では息子と母の最後のやりとり「なら 一緒に死のうか」以下のやりとりで、思わず涙が出てしまった。締めの、結局は相まみえないところの残滓ありまくりの様子が心に突き刺さって…

木尾士目「げんしけん 7巻」

厳しい。ただの恋愛モノになっている。しかも重苦しい方の。サークルクラッシャーとか、ヲタ生活のわびさびがもっと出てくればまだ良いんだけど、これじゃあただの学園恋愛モノ。ヲタはただのお飾りでしかなく、必然性が無くなってきている。辛い上に面白く…

作:七月鏡一 画:藤原芳秀「闇のイージス 22巻 黒の境界」

アスラン編終幕。でも、アスランが生き続けるってことは、よほど七月鏡一センセのお眼鏡にかなったんだろうなぁ。個人的には蒼い馬編の元SAT隊員の方が魅力的だったんだけど。アスラン編はイマイチ入り込めなかったけど、それでもやっぱり「復讐の連鎖」の部…

陳某「三国志群雄伝 火鳳燎原 2巻」

第1巻は、主人公が若い頃の司馬懿と言うことで、興味買い。でも、今ひとつハマれなかった。だって、主人公が頭良い上にとてつもなく強いんだもん。退屈極まりない。でも、最初に提示してあった悲劇的ラストに釣られ、つきあいって事で第2巻を購入。 主人公へ…

週刊ヤングサンデー060115号

「クロサギ」。巨額投資詐欺編。おお、手早いなぁ。話題に早速食らいつくミーハーさが大好き。詐欺の内容は複数の要素を織り交ぜている模様なので、今後のクロの喰い方にも興味津々。来週以降(来年・・・か)も要チェックですな。単行本は年末発売。こっちも忘…

田端由秋・余湖裕輝「コミックマスターJ最終章13巻」

読んだ後、2時間は何もすることが出来ませんでした。熱い! 熱すぎて、そして最終章の昇華具合に、読んでいるこちらも燃え尽きてしまった。コミックマスターJ完結、ここになる。いい作品です。田端・余湖両先生。俺も仕事頑張ろう・・・。

新谷かおる「RAISE」第一巻

今月のアワーズでの50ページRAISEが良かったので、買ってみた。爆撃機に乗り込む懲罰部隊のお話? いや〜、面白い。重爆撃機乗りの話って自体が珍しいし、ストーリーの組み立てが非常に上手い。絵が好みじゃなかったのでこれまで買わなかったんだけど、さす…

NHKにようこそ! 04巻

01巻よりおつきあいしてきたが、終局に向けて話が収束していっているのがわかる。絶望的なだけにラストに向けリアルさがまし、それがこれまでの楽しさを奪っている。でも、だからこそ、応援したい。

コミックマスターJ12巻

月末発売予定のコミックマスターJ最終13巻に備え購入。ようやく追いついた。12巻だけど、テンションは衰えず。ひたすらに熱い! 第2話の「恥辱でござる」が秀逸。激しく心を動かされた。コミックマスターJを読んでいると、身体に力がみなぎってくる。俺も…

ヤンサン051117

コンビニにあんまり置いて無くって、本屋にてゲット。柿崎正澄のRAINBOWは絵の力で見せてくれるなぁ。表紙の戦隊ものは途中で飽きた。愛がない。クロサギ"共犯詐欺"中編。手口云々よりも、依頼人から見た黒崎を見せることに主意があって、それが良い。闇のイ…

闇のイージス〜蒼ざめた馬編 by 週刊ヤングサンデー05.11.3

教団は進藤の心の内を自覚させる要素だったわけだけど、上手く機能していない。これだったら進藤VS雁人で、雁人の心を大きくえぐって、進藤は死んでいくって構成にした方がまだ伝わったと思うなぁ・・・。進藤の最後の突撃の描写が凄まじく、涙を誘う。藤原…

クロサギ〜粉飾決算詐欺 by 週刊ヤングサンデー05.11.3

粉飾決算詐欺編の最終話。やっぱ、クロサギは締めが上手いや。細かいところには問題がちょこちょこあるけど、それを気にさせない展開で読者(俺)を掴み、締めでバーーン!と落とす。やっぱ、僕はクロサギが好きなんだなぁ・・・。

コミックマスターJ 1 , 2

アワーズで最終回を迎えたので購入。漫画界のブラックジャックの話。熱いです。一気に読むときついけど、やっぱ面白いものは面白い! この熱さは素晴らしいね! 原作者の人はあの「バトル野郎」の人か。良い趣味をしてる(w

闇のイージス21巻 紅き眼

まあ、いわゆるアスラン編。一冊には収まらなかったか・・・。今連載中の「蒼ざめた馬」編が秀逸で不覚にも涙してしまったんだけど、アスラン編はどうにもしっくりこない。作者はかなり力を入れてるみたいだけど、中身が伴ってない、みたいな感が。シチュエ…

クロサギ7巻 ネット詐欺

クロサギ大好き。現在掲載中の粉飾決算詐欺がかなりお気になんだけど、7巻が出たので買ってきた。7巻は絵売り、ネット詐欺、内職詐欺。内容的にはちょっと弱いかなと思うけど、やっぱ締め方が上手いなぁ。絵売りの最後の残し言葉とか、ネット詐欺の「授業料…

げんしけん

ブックオフで購入した1巻2巻があまりに素晴らし楽しかったので、3巻4巻を買い進めた。 1〜2巻では、ついつい大学時代のサークル活動の楽しさを思い出してほくそ笑んでいたのだが、3〜4巻ではさすがにそのタイプの話は尽きたのか、別の話に向かっている。1〜2…

闇のイージス

ブックオフでライブドアのように買い進めています。これで第6巻まで集めたわけだけど、いやぁ、面白いわ。第6巻はイージスが生まれるに至った過去。ストーリーの積み上げも上手いし、キャラクターも生き生きしている。アクションも理にかなっているので見て…