読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「スターウォーズ3 シスの復讐」

ストーリー的には、スターウォーズシリーズって言うのはイマイチ入り込めないんだけど、今回はアナキンの心の動きこそがメインテーマということで見逃せないっしょ。
つーわけで、見てきました。
三連休の初日と言うことで人出の多さを気にしていたんだけど、入ってみるとかなり少ない。まあ、人が少ない時間帯を選んで行ったんだからそうなんだろうけど、でも、話題の新作にしては少なすぎなんじゃないかと余計な心配したり。
宇宙艦隊戦やチャンバラをしっかりと見せてくれるところがこの監督の良いところ。
戦艦同士を真横につけて大砲を撃ち合うのは高度な科学技術としてどうかと思うが、それを忘れさせてくれる迫力が素晴らしい。
ストーリーとしては暗黒面に心を動かすアナキンが丁寧に描かれていて好印象。感情移入しまくりでした。泣いた泣いた。ただ、暗黒面に落ちてしまってからのダース・ベイダーの描き方には不満。アクションだけで内面まで描けていない。
印象的なシーンは、結局はアナキンを捨て置いていってしまうオビ・ワンに象徴されるところか。あそここそが決定打なのだろう。
総合的に見て満足。
ただ、エンタメ性では先週見た「宇宙戦争」の方が上のように思える。確かにストーリー面では「宇宙戦争」は『ハリウッド方程式』をただあてはめただけだが、それを遙かに上回るスピード感と演出の見せようとする、または描きたいと思う力強さが飛び抜けていた。映画館で見て良かったと久々に思った作品である。
今作はそれにはちょっと及ばないかな。