読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊倉隆敏「もっけ 第3巻」

絵柄からちょっと買うのをためらっていた「もっけ」だけど、思い切って散財して買った第1巻が素晴らしかったので一気にハマってしまった。スタンダードなストーリーと味付けが心地よくって、愛に溢れている感じがまた良い。妖怪ものを扱っている作品だけど、「そうきたか!」と意外な印象を受け、その世界観の心地よさに浸れる。日常のちょっと裏側にある不思議と、青少年の成長とを上手く配分してあってこりゃあいい。ただ、登場人物に妙な色気を感じてしまう自分が嫌だったりするのだけどね。
第3巻では瑞生のチャレンジする形の成長譚が多くていいなあ。あと初恋に悩む男の子が豆男に憑かれる話しも、憑かれるという言葉のもつ怖さとは無縁で、それが普通の初恋話になっているのも微笑ましいなあ。何とも心地の良い世界で、「機動旅団八福神」を読んだあとには丁度良い。護法さんがいい。護法さん好き。