読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Perfume「エレクトロ・ワールド」

新星堂に一枚だけ置いてあったので、そそくさと回収。この店ではBerryz工房ジリリ キテル」が全く手に入らなかったんだけど、今までPerfumeのCDは全てココで購入出来てたので「もしや!?」と思って行ったのですが、購入できて本当に良かった・・・。
さて、この「エレクトロ・ワールド」。事前に全く情報を入れてなかったので、今回が全くの初聴でした。が、早速一気に今年購入したCDの中でも1・2を争う好きな曲に大変身。午後の間、ずっとリピート再生していました。
今作「エレクトロ・ワールド」の印象としては、「song」としてよりも「music」のイメージが強いです。いや、元々Perfumeにはその傾向があるんだけど、今回はそれがより強く出ているように感じました。いわば「Perfumeらしさが薄まっている」とでも言いましょうか。聴く際、歌としてのメロディーを強く追うと言うよりも、曲調やリズムの変化をBGMのように楽しむのが主となっています。歌い手のPerfumeが前面に出るんでなく、楽器・音の一部として機能しているというのか何というのか・・・。歌い手としてのPerfumeが(これまでもそうは強くなかったけど)音楽に埋め込まれた感じです。いや、元々テクノポップだし、Perfumeらしさって何だよって言われればゴメンナサイとしか言えないのですけどゴメンナサイ。
ただ、今回は前作等に比べてそれが顕著に感じられて、例えば他所のBlogで「よりcapsuleっぽい」と言われるところ所以なのかなと思ったりしました。ちなみに私が持っているcapsuleのアルバムは「S.F. Sound Furniture」だけです。capsuleは語れません。ゴメンナサイ。
ただ、だからといってこれが駄目なCDなんてことは全く無く、今年買ったCDでも1・2を争うものだと言うことは既に述べたところです。実はこの「エレクトロ・ワールド」Perfumeの楽曲の中でも格好良さ・気持ちよさはピカイチだと思っています。また、カップリング「wonder2」も含めたこのCD全体の流れも統一されています。それがずっとリピート再生していても聴いてて疲れない大本だし、むしろ聴き続けている中で音の楽しさやリズムの小気味よさをどんどん発見していける楽しさを見つけてくれました。
SweetSもいなくなった中、こうしてPerfumeが生き残って素晴らしいCDを出している事にはちょっとした驚きもあるのですが、このジャケットのセンスの良さといい、PVにおける映像パフォーマンスの素晴らしさといい、総合的に見て今のPerfumeは凄いところにいますね。1stアルバムが楽しみでなりません。
ちなみにトレカはA-CHANでした。「コンピューターシティ」のトレカもA-CHANで、福岡イベントでの特典もA-CHAN。これはA-CHANの釣りに乗りなさいという神の声なのでしょうか。ああ、握手会でのA-CHANの暖かい言葉が脳裏にこびりついて離れません。スゲエや、A-CHAN。