読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックダンサーズ

期末で忙しいはずなのに会社をさっさと追い出されてしまったので、ちょっと遠出をして映画のレイトショー。
何だか妙にゆるい気分だったので、肩肘張らずに駄目もとで楽しめる映画が良いな〜と、バックダンサーズを見てきましたよ。
感想としては、「まあ、こんなものかな〜」と言った感じ。
素直な展開なので、素直に楽しめましたよ。
難があるとすれば脚本と音楽。
なぞったような展開の素直さは良いんだけど、言葉が陳腐すぎ。出演者は割と熱演しているんだけど、言葉が安っぽすぎて、会話が続くとダレちゃう。台詞は吟味して書いて欲しい。あと、音楽も雰囲気を作り出せていない。劇中歌はベックス仕様なのでしょうがないとしても、展開の時に使われる音楽がアレじゃあなあ・・・。
まあ、それでも不快な気分にはならずそれなりに楽しめたので、暇なときには丁度良いかな。あと、細かいところまで見ちゃうと結構粗が目立っちゃうので、大まかに見る方が楽しめると思う。
見ていてBuzyさんとかSweetSさんとかSweetSさんとかSweetSさんとかが連想されちゃったのは、内緒のお話。
パラゴーさん達は最初と最後にちょこっと出演。伊藤綾香さん以外が台詞棒読みで微笑ましかったけど、遠景のバックショットしかなかったので、正直よくわからなかった。
ま、映画なんか行かずに、さっさと夏のレポを仕上げろって話しなんだけどね。