読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北野勇作「イカ星人」

いつ買ったかも忘れてて、積ん読み中だった「イカ星人」。ようやく読了です。
読み終わった感想は、けっこう気持ち悪かったなあ、というもの。
中身はまごう事なき北野勇作ワールド。一見爽やか癒し系な文章なのに、中身はぐちゃぐちゃ混沌。
「気持ち悪さ」は作者の狙いだろうなあ。話しも収束させず、一見短篇集なのも。
でもすごく面白いし引き込まれるし、やっぱり北野勇作は素晴らしい。
北野ワールドを存分に楽しみたいヒトにはうってつけの断片素材。
ただ、初めて北野勇作を読む人にはお勧めできないな〜。これだけ読んでもワケわからないだろうし・・・。
相変わらず心地の良い文章が多すぎる。特にお気に入りは

コンピューターのミスと言うことですぐに否定された青空なのに、記憶にはくっきりと残っている。

これからもちょこちょこ読み返そう。