読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸王グランプリダンスコンテスト@ZEEX天神

ダンスコンテストを見るなんて初めての体験だ。
36組のダンスチームのコンテスト。参加チームが多くて目が回りました。どんたくのステージで見たヒト達もチラホラ。
こちらの感想も「こんなものか〜」と。
実力的には、素人目にも千差万別に写った。
印象的なのは、全力でダンスをし、審査員達の言葉を受けるときの彼女たちの目の輝き。
これこそが全てを物語っているのかな。
審査員達も彼女たちのやる気を費やさぬよう言葉を選んでいたし、若手を育てて業界全体を盛り上げることに主眼を置いているのだなあと思った。
これを見に行ったのは桃の悦っちゃんが見れればいいやとの軽い気持ちで、情報もろくに入れずに行ったのだけど、エリアの出演は第3部で、それまでが長かったなあ。
ダンスは興味深かったけど、座っているのがコンクリート上のブルーシートの上で、しかも目の前のヒトが正座をしているから視界が全く確保できないという悪循環。ずっとそこにいるのは正直きつかった。
2部終了後、後方から立ってみることにしたんだけど、こっちの方が遙かに見やすかったなあ。失敗。

Areacodeはメンバー揃い込みで驚いた。(写真は顔がわかりにくいのを選んだけど、無許可なので後で消します。)
いやあ、豪華だわ。
まあこの豪華さが足枷になったってところはあるかもしれないけど、見ていて凄く楽しかった。
みんな衣装も髪型も可愛かったなあ。
桃やLadyBugなどのユニットと明らかに違うAreaには、Areaなりの良さがあって、それを見られたのがよかった。
一通り全部のダンスを見て、受賞などの結果は見ずに会場をあとにした。