読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEED「joy」リリースLive @ キャナルシティ博多


昨日は深夜1時に帰宅。今日は午前8時に出発。10:30に天神到着。
まだ時間があったので天神のCDショップを廻る。天神のタワーレコードにはSEEDの特設コーナーがあった。
12:05 リハ開始。13:00からのイベントにしてはかなり早いと思う。いつもの黒のSEED Tシャツ。真菜の指導により入念な立ち位置確認などが行われ、歌合わせに。アカペラの「アメージンググレース」と新曲「JOY」で合わせる。ここでも真菜が音の調整の指示出しをしてたりしていた。メンバー間でも色々相談をして入念な打ち合わせ具合で、最後にもう一度立ち位置を確認し、真菜による13時からですの呼びかけを持って、12:23にリハは終了。このリハーサルの周到さから、イベントにかける意気込みがヒシヒシと伝わってきた。
リハの段階ですら人はかなり集まっていて、関係者ご一行様はもちろん、いつもはいつもは見ないヲタの方々、そして何より大勢の普通の人たちが開始直前にはステージを見ていた。関係者やヲタには動員が掛かったんだろうけど、それ以上の観覧者が集まっていたのは凄いと思う。
自分は2階最前から見ることにした。SEEDの場合、1階の必死な方々の側で見ると楽しすぎてステージを冷静に見られないおそれがあったこと。そしてSEEDの歌とダンスをいつもと違ったところから見たかったことの2点がその理由。「JOY」関連のステージ自体は既に2回見ているしね。キャナルならではのSEEDの楽しみがあって、それが2階からの観戦だと思ったのですよ。観客が少なければ1階から必死で応援することも考えたのだけど、今回はかなり多かったしね。
13:00ちょっと前にMMAのON/OFFが司会として登場。13:00の噴水まで場を繋ぎ、客の足を止めていた。話の繋ぎがちょっとぐだぐだで、思わず笑ってしまったが、一般の方々の反応はどうだったのだろうか?
噴水の終了と同時にステージ開始。衣装は昨日の「あのく祭」と同じく胸に白い花を差したダークスーツ。ネクタイはシルバーなのね。この衣装は結構好きだなあ。

  • 1.アメージンググレイス
  • 2.tamago
  • MC
  • 3.like the Wind
  • MC
  • 4.JOY

噴水の終了と同時に入るアカペラの「アメージンググレイス」。「STAY GOLD」もそうだけど、こういう挑戦する気持ちが良いよね。美しいハモりをワンフレーズ歌った後、新曲「JOY」のカップリング「tamago」にそのまま移行。現場では初めて聞いた。流れるような、聴かせる曲だ。ただ声自体は伸びてないかな。あと、初めて聞いたので手拍子をどこで入れるかでちょっと迷いが生じてしまった。曲にクラップに合わせた方が良いのだろうか。何にせよ、聴かせる曲でしっかり心をキャッチされてしまった。
MCでは真菜が「SEEDを目で、耳で、身体で、心で楽しんで」と言っていた。これは本当にもう、いまのSEEDを楽しんでいる自分にとって至玉の言葉だなあと思った。
「like the Wind」ではもちろんテンション最高潮。2階で冷静に楽しむつもりが、やっぱりのせられちゃいます。2階だと目線が全く来ないのが寂しくもありますが、彼女たちのパフォーマンスを俯瞰して見られるってのはやっぱり大きい。毎度はちと辛いけど、たまには良いな。楽しすぎた記憶しかない。
MCその2。真菜が感無量状態になっていた。紅美のMCはいつもどおりのちょっとぐだぐだ具合が出てて可愛らしかった。葉月は良いなあ。見てるだけで癒される。梨子は真菜とは違う格好良さだよな。MCではつぎに歌う「JOY」について。真菜がジャンプを煽っていた。いや〜、あのジャンプはホント楽しすぎてヤバイから、みんなやって欲しいわ。
「JOY」。会場が一体になった気がしたね。ジャンプもしっかりしてたし。歌に心躍らせながら何だか妙に感無量でした。そしてなにより盛り上がる。「JOY」いいよ「JOY」。
ラストに新聞記者による観客も含めた写真撮影があった。「イエーイ」と、みんなノリノリ。私は2階なので写ってないけど、観客も含めて楽しそうで本当に良かった。あと23日の18時から、アルバム発売のイベントをここキャナルで行う旨の告知あり。ネットには上がってなかったのでちょっと驚いてシステム手帳を見る。23日はAKB48来福で予定を入れていたので全く問題なし。っていうか、濃いな。23日は。
ステージをはける前にFortune Cookieを始めとするジュニアな女の子たちが花束をSEEDに手渡す。和む。
ステージ後は握手会。最後の方に並ぶ。みんなCDを買いまくりで超ループ。でも、今日はループしても良い日だと思う。私は1回だけだけど。メンバーにステージを見て感動したと言うことと、ありがとうと伝える。みんな良い表情だった。ステッカーがもらえるという話だったけど、それがどこで貰えるのかわからず仕舞い。どんなステッカーだったのだろう?
握手会の後、メンバーはステージ裏で記者のインタビューを受けていた。
今日のイベントは実質3曲しかなく、満足度的に言うとたっぷり楽しんだ昨日の「あのく祭」に比べると物足りなさを感じた。が、これだけ多くの人たちがSEEDを見て堪能している様子を見ると、それ自体が凄く嬉しいことだなと思った。あと今日は真菜のリーダーシップに頼もしさを感じ、凄く好きになったりした。
とにかくSEEDの現場は楽しい。これからも出来うる限り顔を出したい。出すべきだと思った。