読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEED 「BLOOMIN'」発売記念LIVE @ キャナルシティ博多


雨がしんしんと降り、冷たい風が身に堪える。前日からすんごく楽しみにしていたんだけど、携帯で見た真菜さま報告でステージ中止もあり得ると知りずーんと心が重くなるも、紅美の「雨降ってるけど、来て損はさせないからネ(ノ∀`)☆」に勇気づけられ、現地到着。
ステージはやはり濡れてました。キャナルのステージは上に天幕を張ることもあって、その場合は雨の影響は少ないんですが、風の影響か、今日はその天幕を張ってませんでした。状況は写真の通り、ステージの後ろ半分が雨と噴水の影響でずぶ濡れ状態。よって演目自体はステージの前半分とちょっと前で行われ、その境を作るために柵が設けられてました。客の最前は柵にもたれる状態で、最前以外は非常にステージを見にくい状態でした。
17:25 ON/OFFさん入り。ステージ衣装の上にジャージ。凄まじく寒そうだった。17:37からリハーサル。「White Christmas」と「JOY」。「White Christmas」はアカペラ。真菜によるマイクチェックが今日も冴えわたってました。「JOY」がリハーサルされたと言うことは、今日は「White Christmas」だけじゃない!! と期待爆発ですよ。
しばらくして物販。AKB48が伸びた影響で物販が中々始まらずヤキモキしていましたが、握手券と共に無事アルバム「BLOOMIN'」を確保。DVD付きの方です。このジャケ写いいですよね。
18:00前。ON/OFFさんの客寄せ。18:00噴水。18:05ステージ開始。まずON/OFFさんによるSEEDの紹介。ヲタが煽りまくりでした。

  • 1.White Christmas
  • 2.My love
  • MC
  • 3.JOY

「White Christmas」。blogでずっと予告されてたし、今日を逃すともう披露されない可能性もあったので、見ることが出来て本当に良かったです。メンバーで半円を作り、お互いを確認しながらの歌唱。思わず紅美blogの「なんで見てくれないの?」を思い出して、ちょっと笑ってしまいました。低音が真菜しかいなくて弱いのは気になりましたが、なかなか。
「White Christmas」の流れから、2曲目は「My love」。この曲、出だしがすんごく好きで、聴くとゾクゾクしちゃいますね。畳みかけるボーカルも良いなあ。特に白眉は梨子の高音のボーカル。梨子の特色が良く出ていると思います。SEEDの底力を示す良曲ですね。ここまでバラードの連曲でしたが、ヲタも観客も引き込まれてたんじゃないでしょうか。この曲では葉月がよく見えてたので、ずっと見てました。ダンスも歌も良いね。プロデューサー氏の「My love」裏話はこちら
「My love」が終わりMC。真菜の独断場でした。アルバムに収録されているソロ曲を誰か披露させると言うことで、葉月が指名されてました。アカペラで歌うにはリズムのとりにくい曲だから、難儀してましたね。さあ、これから良くなる...と言うところで真菜が「ストップ!!」。Zeppで聴いてくださいとのことでした。真菜様上手すぎ。他にアルバム「BLOOMIN'」について。SEEDと言う種子から咲いた花の束(BLOOMIN')と説明し「私たちからの歌の花束を受け取ってください」と上手くまとめていました。「次がラスト」→「ええー!」の一連の流れで、「雨で転けちゃいますよ」という真菜様の流れが秀逸すぎ。
ラストは「JOY」。やっぱり最後は盛り上がるこの曲ですね。一気にぐわわんと引き込まれ、夢中に。「JOY」楽しすぎ。そして真菜様煽りすぎ。興奮のなかステージ終了。ヲタ芸はウザかったけれどなかなかの盛り上がりで、SEEDメンも満足気味で、18:20に終了。3曲はやっぱりちょっと物足りないけれど、きっちり満足させてくれるSEEDはやっぱり良いなあ。ヲタ芸がほどほどだったら、もっと集中できて楽しかったんだろうなあ。
ステージ終了後、順次握手会へ。握手はみんな楽しそうにやっておりまして、梨子はまさにずっとこんな感じでした。「Zeppのチケ買いました」報告を真菜様にしたりしました。握手はいつも通り一回のみ。親族による握手券配布がAKB遠征組になされてまして、かなり長かったような。
その後のSEEDメンはステージの隅で、ステージ後の鈴木みらいに花束を渡してたりしました。ステージで渡せばいいのにと思ったりしたのは秘密の話です。鈴木みらいはSEEDに「My love」の楽曲提供をしているのですね。鈴木みらいの「My love」は、SEEDのそれよりもpopな感じでしたね。SEEDがかなり感情を込めて歌っているのに対し、鈴木みらいはかなりリズミカルに歌っている印象を受けました。ステージは、ボーカルの細さが気になりましたが、全体に独特のリズム感があり気持ちよかったです。アルバム購入しました。