読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEED @ TNCデジタルフェスタ in マリノアシティ


桃に続いてそのままSEED。もちろんステージは桃と同じです。桃もそうなんですが、目線来まくりで、妙にステージに近く感じました。私は、目線が来ると恥ずかしさからつい顔を伏せてしまう駄目な人間です。

  • 1.White Christmas
  • 2.tamago
  • MC
  • 3.Rise & Set
  • MC
  • 4.My love
  • 5.like the Wind
  • MC
  • 6.JOY

まず「White Christmas」。キャナルの時よりもまとまっていたように思います。こういうアカペラを最初に持ってくると、観客はやっぱり引き込まれちゃいますね。んで、そのまま「tamago」と言うバラードに行くというのは正解だと思います。その「tamago」は重複的なコーラスが光りますね。今まで聞いた中で一番世界観に浸れました。どんどんSEEDのモノにしていっているんでしょう。
MCは、出だして葉月の声が裏返るトラブル。微笑ましいですね。TNCデジタルフェスタに招待されたことに対する感謝の言葉やアルバム「BLOOMIN'」について話していました。
3曲目はいよいよ「Rise & Set」。生で見るのは何気にこれが初めてで、とても楽しみにしていました。映像では何度も見ていたのですが、歌もダンスも想像以上にパワフル。このパフォーマンスは本当に凄いですね。SEED以外のどんなユニットがここまでのパフォーマンスを見せられるんでしょうか。SEEDの底力を見せつけられました。曲に入ると共に私の興奮は最高潮に達して、そのままトップギアのまま突っ走るといった感じでした。最高!!
「Rise & Set」の後の、一息つく意味でのMC。つなぎのトークでしたが、やはり葉月は息も絶え絶え。でもそれが駄目なんじゃなくって、リアルに「Rise & Set」のパフォーマンスを表しているなと思いましたね。
4曲目は「My love」。良かった。これはホントに良かった。激しい曲の後のバラードですよ。心に染みますね。歌があまりにも素晴らしかったので、SEEDに失礼と思いながらも、歌に集中していました。見上げると巨大な観覧車がライトアップされていて、その美しさと空に吸い込まれていく歌声に引き込まれました。
うって変わって5曲目は「like th Wind」。爆発系ですね。この、バラードと激しい曲のメリハリが非常に心地良いです。「like the Wind」はまるで心の起爆スイッチのように作動しますね。ビートの強さを感じてくださいと言ってましたが、まさにその通りにビートが体中を駆けめぐると言った感じです。ただ、惜しむらくは、ヲタのかけ声がウザ過ぎて歌とダンスに集中できなかったことですね。歌ってる最中にコールを入れるなんて、全く信じられない。あの瞬間は興ざめしてしまいました。せっかくの「like the Wind」なのになあ。悔しい。
ラストMC。アルバム「BLOOMIN'」にかけて「歌の花束を...」。この台詞は結構好きです。あと裏話として、「JOY」はサビの歌詞が全く違うので覚えるのに苦労した。真菜は毎日ノートにサビの歌詞を書いて覚えた、とお話。「みんなもノートに書いて覚えてね」と上手くまとめてました。こういうきちんと考えられたMCは心強いですね。自ら積極的にもっと知ってもらおうという姿勢こそ評価すべきでしょう。
ラストは「JOY」。この曲も昇華系。記憶がなくなるくらい熱中ですよ。SEEDに関しては、彼女たちのパフォーマンスに引き込まれて、どうにも冷静に見れなくってしまいます。だから後で思い返してみても「熱中した」とか「楽しかった」しか浮かばないことが多いんですよね。これは難しい問題です。そしてこの「JOY」は特にそれが強いんですよね...
個別に見ていくと、最近は葉月に注目していることが多いですね。彼女のダンスと歌はバランスが取れていてなかなか興味深いです。梨子は特にバラード系の突き抜ける高音が心地よいですね。真菜はすっごくパワフルで、見ていて心強い。ヲタを煽りすぎるのはどうかと思うけど、というか今日は「お前もノレよ」と個別で煽られたような気がしましたが、もっと冷静に見たいんですよ... 紅美はやっぱりダンスに引き込まれますね。自然と目がそちらに行きます。ちょっと声が心配ですけど、どうなんでしょうね。
18:52にライブは終了。出待ちはせず、姪浜駅経由で帰りました。12/17のZepp福岡が本当に楽しみです。ヲタ芸が激しくなければもっと楽しみなんですけどね。アレは心の負担になってしまう。「SEEDは見たい。でもヲタ芸は見たくない。」って。