読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菅崎茜「beginning」

道すがら聴いた菅崎茜のアルバム「beginning」が絶妙バランスの良作品でどっぷりはまった。確かにこりゃあ評価が高いのも納得だわ。もともと歌が上手いのは充分わかる。声もリズム感も充分。楽曲も手堅い。でもこのアルバム最大の売りはその上手さじゃない。「上手さが感じ取れる」と言う部分が良い味を出している。歌い手としての彼女の洗練されていない部分が味付けとして大きな魅力を放っているように思える。こりゃあ突然彼女に歌わせてみたいと思う気持ちもわかるわ。
ただこれじゃあ売れないのも仕方ないわなとも思ったり。心地よいんだけど頭抜けている感じがないですわ。面白みの部分が少ない。良いアルバムだと思うけど「売れる」というのは一種の爆発だからね。それがないんだよね。楽曲の手堅さがよりそれを演出してしまっている部分はあると思う。面白みのない手堅さがあるからこそ「良いアルバム」と言える部分もあるんだけどね。
色々厳しいだろうけど菅崎茜には歌い続けて欲しいな。続けることそのものにも大きな意味があるからね。というより、洗練された彼女の歌がどうなるのかを聴いてみたい。小さくまとまって魅力を感じなくなるのか、それとも僕の心を奪いまくる歌い手となるのか。そんな期待を抱くだけの魅力をこのアルバムは感じさせてくれたんだからね。