読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

℃-uteライブツアー2007秋「放課後のエッセンス」 @ Zepp Fukuoka (17:30-)


会場30分前到着。順次入場。同所で行われたBerryz工房夏のコンサートでは会場の前半分がスタンディングでしたが、今回の℃-uteコンでは全椅子席になってました。また、入場が始まっても当日券はまだ売れ残っていて、ちょっと人数が入らなかったのかなとも思ったりしました。次回は福岡コンがないかも...orz
ただ、お客は凄く盛り上がっていて、雰囲気もとても良い感じ。℃-uteに対して思い入れがあまりない私でも会場のボルテージにのせられて、足が棒になるまで跳ね上がり、腕が上がらなくなるまでブンブン振り上げた事実は、このコンサートがいかに楽しいものだったのかを身を以て証明したと言えるのかもしれません。運営やヲタに対する不満は特になく、強いて言えば椅子がとても邪魔だったことぐらいかな。ま、椅子があればモッシュを予防できるのでしょうがないと言えばしょうがないのですが。
全体的に楽しいコンサート内容でした。その一方で、私の思い入れの無さからか、新しい発見のようなものをあまり感じることが出来なかったのが残念と言えば残念。パフォーマンスが、コンサートと言うよりも、DVDを見てる延長のように感じられてしまい、流しながら見ている部分も多々。あと、Berryz工房もそうなんですが、小芝居は正直辟易しますね。歌とダンスで魅せて欲しいと強く思いました。
さて、今回のコンサートでの、℃-uteメンバーの印象ですが、岡井千聖に一番驚かされました。岡井にはそれほど歌にもダンスにもパフォーマンスを感じていなかったんですが、一曲目の「都会っ子 純情」のダンスにやられました。この曲のダンスのキレが誰よりも格好良く、女性らしさの出てきた丸みを帯びた身体のラインと相まって、見入ってしまいました。ただ、そのあとのダンスに関しては、これまでの印象と変わらなかったのでズコーとなってしまったのですが、ダンスに得意不得意な振付でもあるんでしょうかね。でも、これで岡井の新しい魅力に気づけたのが今回のコンサートで一番嬉しかったことです。あと、ダンス中の彼女の表情は面白いですね。「表現」というものまでに至っていませんが、見ててほのぼのする(というか、ちょっと笑ってしまう)楽しさです。
他のメンバーでは、やはり全体的に中島早貴に目がいきました。℃-uteメンバーのなかで一番「形」になっている印象です。ただ、この福岡コンでは声の調子が今ひとつなのか「中島ってばこんな声だっけ?」と???なことが何回かあって、それが残念と言えば残念かな。見ていて安心できる、見ていて楽しい彼女のパフォーマンスが好きです。
矢島舞美は、横浜コンで声がかれてしまったということを聞いていましたし、これまでの印象からもパフォーマンスが不安定なのかなと思っていましたが、この日の様子を見る限りでは、この公演全般を通してダンスも歌も一番安定していたと思います。色々とメインどころの役割を与えられながらも、これだけこなし、安定している彼女は本当に凄いと思いました。
鈴木愛理については、全体的に高いパフォーマンスなんでしょうが、どうしてももっと高いところを求めてしまうので、色々けちをつけてみてしまう自分がイヤになります。とくにソロだった「FIRST KISS」。イントロ部分で「おお、これをやるのか〜」と激しく高まったのですが、昔の歌唱よりも大きく成長したところが感じられず、ちょっと悲しい気分になりました。もっと表現力が上がってるのかなと、歌で魅せてくれるのかなと、私が勝手に期待をかけちゃい過ぎたんだと思います。でも、ひとりMCで炊き込みご飯の話を披露したりして、それはとても楽しかったです。
有原栞菜は面白いですね。メンバーで一番表情に富んでいるように感じました。そう言う意味で、歌もダンスも表現の幅が広いのかなと思います。ただ、ダンス自体は悪くないのですが、ステップがどうにも棒っぽいのがちょっと残念。Berryz工房で言えば菅谷梨沙子がそうなんですが、ステップが出来てないと、見ていて(個人的に)曲に乗ることが出来ず気分が萎えてしまうんですよね。ステップはダンスの基本だと思うので、そこは本当に残念。
萩原舞はダンスがちょっと心許ないかな。体格のことがあるので振付部分でのどう見せるかってのも大きいと思いますけどね。ただ、持ち歌である「はなをぷーん」の振付で、岡井の方が動けてるなと思った時はちょっと残念な気分になりました。歌に関しては独特のセンスを端々で感じます。全体的にダンスにしても歌にしても、物怖じしない態度が素晴らしいです。
梅田えりかは周りがよく見えていると思います。振りまく笑顔が素敵ですね。ダンスも歌も充分。今回の「That's the POWER」の合いの手が、梅田による「めんたいこばっか」だったのですが、絶妙なタイミングに外すことなく入れてくるので、リズム感も相当高いのかなあと思ったりしました。
良い雰囲気の中、良いコンサートを体験できて本当に楽しゅうございました。コンサートではしゃいだせいで身体全体がとても重かったのですが、ホテルに入っても興奮でなかなか寝付けませんでした。この心地よい疲労感こそ、このコンサートの楽しさを象徴しているのだなとベットの中でほとほとと考えました。無理して行って良かった。100分。