読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKB48 AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2010 with アメーバピグ(映画館にて視聴)

渋谷AXで行われる「AKB48 AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2010」を、地元の映画館で視聴。よっていつものライブ観戦とはちょっと違うかな。
AKB48は、昨年は福岡ライブでチームAを見たっきり。あとはテレビの音楽番組やバラエティ番組でチェックするくらいで、秋葉原の専用劇場での視聴は一度もなし。行きたいんだけど、わざわざ東京まで出るのは難しい。
今回の「リクエストアワーセットリストベスト100」は、毎年行われているイベントで、AKB48の全楽曲255曲の中から、ファン投票で順位を付け、100位からカウントダウンライブを行うと言うもの。つまり、多くは劇場楽曲であり、専用劇場の公演を見に行った人たちこそのイベントなんだと思われる。
そういったイベントに顔出してもいいのかなーと思いつつ、でもウチの地域では劇場に行ける人なんて少ないだろうし、コンサート自体あってないしで、そういうところでも映画館で見られるということで納得しつつ観覧。わたしが見たのは最終日のみ。25位から1位までのカウントダウンライブ。
座席数は164。先週チケット買いに行った時点でほぼ席は埋まっていた状態で、当日はきっかり満席になっていた。これは最終日だからというのもあるかもしれないが、今のAKB48の人気の高さもあるのかもしれない。こんな田舎でも埋まるんだなと感心。またファンの熱度も高い。開演前からメンバーの話題があちこちで聞こえる。観客は雑多な感じ。高校生大学生の男子が多いが、中年や女性も多く、きっかりどういった層がメインとも言えない感じ。
18時を10分ほど過ぎてステージ開始。また、開始前にはA・K・Bの3チームのリーダーによる直前メッセージが、映画館の観客のみに流れる特典。千葉出身の秋元が千葉千葉言ってた。この手の映画館の特典は意外とあり、影アナの様子や舞台裏の様子も見ることが出来た。
公演は同時に行われる渋谷AXの中継映像。HDなのでとても映像は綺麗だし、映画館で見ても十分納得できる映像になっていた。ただ、撮りがコンサートDVDのそれと同じで、歌い手のバストアップが多く、その部分ではライブ感が薄かったかも。パフォーマンスそのものを見る環境ではなかったように思える。ライブ感の薄さで言えば、ステージが電送の先にあるために、観客としてのふるまいにも一種の微妙差が出てしまうのはしょうがないか。ペンライト組が少数いて、またみんな拍手等はするが、やはりライブのそれとは違う。叫んでも拍手してもステージ上の彼女たちに伝わらないとなれば、それもしょうがないのか。圧倒的な距離感の差は如何ともしがたい。それでも全く静かということではなく、ステージの興奮に引きずられる形で映画館の観客も、だんだん乗ってきてはいたかな。
知らない曲も多かったけれど、全体的に凄く楽しいステージで、専用劇場に行ったことのない私でも存分に楽しめる内容だった。また、出ているメンバーたちの思いがしっかりと詰まった素晴らしいステージだったように思えた。想像以上に楽しめた。こういうものもあるのかと思ったし、これはこれで充分ありだなと思った。いい経験をさせてもらった感じ。充分熱くなったし、ステージに立つ彼女たちを見てこみ上げてくるものもあった。
歌とダンスのパフォーマンスは上に書いたようにそれほどよくわからなかった。曲は全体的に短め。前回見たコンサートでも思ったが、藤江れいながやっぱり可愛い。ブログでらぶたんのかわいさがよくわからなかったが、今日見たら実際可愛らしかった。写真写りと動画の差かな。また、色んなメンバーに興味を持つことも出来た。アップが多いので、ルックスについてはよくわかったような気がする。今後、実際の像とイメージをくっつけることも出来るだろう。実際に見たことのあるチームAのメンバー以外の子たちも、今回のコンサートで興味を持つことが出来た。アンコールで新曲「桜の栞」。合唱曲と聞いていたが、実際に今日の環境で見てみると、とても良かった。歌いながら涙ぐんでいるメンバーの表情がよく見えたし、このコンサートにかける思いもこの曲を通じて伝わってきたように思える。合間合間にはいるMCも充分楽しめる内容だった。犯罪被害にあったこと(郵便事件、ね)や運営についてだめ出しされてることもネタに出来るというのは強いし、彼女たち自身が考えて面白くしようと言うところ自体に好意を覚える。中心メンバーについても、その場にいることの責任の重さというものを感じることが出来た。いい内容だったと思う。
アンコールで南海キャンディーズの山里が、アンコールの音頭を必死で(熱心に・真面目に)とってる姿が大写しになったときは、映画館に笑いと感嘆の声が半々ぐらい漏れてた。ああいう姿には、笑いのインパクトもあるかもしれないけれど、それ以上に心撃たれるものがあった。
なんにせよ、映画館でライブを見るという貴重な体験は、面白かったし得るものも大きかった。可能性も感じたな。
セットリストは以下。

・18時10分開演、20時49分終演。
■公演前の陰アナ → 前田敦子
◆オーバーチュアー
◆25位 黒い天使
高城亜樹前田敦子藤江れいな

◆24位 孤独なランナー
SDN48(21名): 穐田和恵伊藤花菜今吉めぐみ梅田悠浦野一美大河内美紗大堀恵加藤雅美河内麻沙美近藤さや香芹那佐藤由加理チェン・チュー西国原礼子野呂佳代畠山智妃三ツ井裕美、なちゅ、甲斐田樹里小原春香手束真知子

◆23位 天使のしっぽ
中塚智実多田愛佳仲谷明香

◆22位 片思いの対角線
小森美果仁藤萌乃米沢瑠美
BD=前田亜美大家志津香石田晴香松井咲子鈴木まりや岩佐美咲

◆21位 会いたかった
板野友美北原里英佐藤亜美菜篠田麻里子中田ちさと前田敦子宮崎美穂秋元才加奥真奈美小野恵令奈河西智美倉持明日香小林香菜佐藤夏希近野莉菜増田有華宮澤佐江柏木由紀片山陽加指原莉乃田名部生来仲川遥香平嶋夏海渡辺麻友

◆20位 エンドロール
松原夏海大島優子梅田彩佳野呂佳代

◆18位 Relax!
高橋みなみ小嶋陽菜峯岸みなみ

■MC1(梅島夏代)
梅田彩佳大島優子松原夏海野呂佳代

◆18位 Only today
チームA13名&岩佐美咲鈴木まりや野中美郷

◆17位 残念少女
中塚智実渡辺麻友内田眞由美

◆16位 口移しのチョコレート
多田愛佳柏木由紀平嶋夏海

◆15位 転がる石になれ
チームK15名&菊地あやか

◆14位 ツンデレ
佐藤亜美菜板野友美北原里英

■MC2(SDN48
穐田和恵チェン・チュー加藤雅美梅田悠芹那

◆13位 Baby! Baby! Baby!
板野友美北原里英小嶋陽菜佐藤由加理篠田麻里子高橋みなみ前田敦子峯岸みなみ宮崎美穂秋元才加梅田彩佳大島優子大堀恵小野恵令奈河西智美倉持明日香近野莉菜宮澤佐江仁藤萌乃渡辺麻友

◆12位 てもでもの涙
柏木由紀高城亜樹

■MC3
藤江れいな宮崎美穂松井珠理奈松井玲奈近野莉菜

◆11位 泣きながら微笑んで
大島優子

◆10位 Bird
篠田麻里子高橋みなみ宮澤佐江

■MC4
篠田麻里子前田敦子増田有華秋元才加

◆9位 3 seconds
高橋みなみ小嶋陽菜峯岸みなみ

◆8位 初日
チームB14名&内田眞由美小森美果

MC5(チームB14名)

◆7位 ハート型ウイルス
北原里英小嶋陽菜高城亜樹

■MC6
なちゅ

◆6位 涙サプライズ
板野友美北原里英小嶋陽菜篠田麻里子高橋みなみ藤江れいな前田敦子峯岸みなみ宮崎美穂大島優子小野恵令奈河西智美宮澤佐江柏木由紀指原莉乃仁藤萌乃渡辺麻友松井珠理奈松井玲奈小森美果

◆5位 RIVER
板野友美北原里英小嶋陽菜篠田麻里子高橋みなみ前田敦子峯岸みなみ宮崎美穂秋元才加大島優子小野恵令奈河西智美宮澤佐江柏木由紀渡辺麻友松井珠理奈

◆4位 大声ダイヤモンド
板野友美北原里英小嶋陽菜佐藤由加理篠田麻里子高橋みなみ藤江れいな前田敦子峯岸みなみ宮崎美穂秋元才加大島優子小野恵令奈河西智美倉持明日香宮澤佐江柏木由紀指原莉乃渡辺麻友松井珠理奈

■MC7
高橋みなみ

◆3位 10年桜
板野友美北原里英小嶋陽菜篠田麻里子高橋みなみ藤江れいな前田敦子峯岸みなみ宮崎美穂 秋元才加大島優子小野恵令奈河西智美倉持明日香宮澤佐江柏木由紀指原莉乃渡辺麻友松井珠理奈松井玲奈

■MC8
佐藤由加理浦野一美

◆2位 君のことが好きだから
佐藤亜美菜高城亜樹藤江れいな奥真奈美倉持明日香多田愛佳片山陽加指原莉乃仲川遥香仁藤萌乃松井玲奈石田晴香菊地あやか小森美果佐藤すみれ前田亜美

■MC9
野呂佳代大堀恵

◆1位 言い訳Maybe
板野友美北原里英小嶋陽菜佐藤亜美菜佐藤由加理篠田麻里子高橋みなみ前田敦子峯岸みなみ宮崎美穂秋元才加大島優子小野恵令奈河西智美倉持明日香宮澤佐江浦野一美多田愛佳柏木由紀渡辺麻友松井珠理奈
◆アンコール1 桜の栞
全員(50人)

■MC10
高橋みなみ前田敦子野呂佳代浦野一美大堀恵佐藤由加理

■「マジすか学園」寸劇

◆アンコール2 マジスカロックンロール
板野友美小嶋陽菜篠田麻里子高橋みなみ前田敦子秋元才加大島優子小野恵令奈柏木由紀渡辺麻友松井珠理奈松井玲奈

■公演後の陰アナ → 高橋みなみ

AXライブ4日目(最終日) トピックス&出演メンバー(2010/01/24) - AKB48@メモリスト

最後に、映画館でのコンサート中継というものについて。
足りない部分もあるが、可能性について大いに感じた。
足りない部分について。
同時性というものについてはライブ感はあるものの、足りない部分も多い。今回で言えば、HDでとても綺麗な映像ではあるのだが、映像の撮り方がライブDVDのそれでスイッチングも多く、逆に家でDVDを見ているときの感触に近いためにライブ感を損なっているように思えた。せっかくの大型画面にHDなのでもっと引きで撮ってライブ感を高めてもいいのかなと。
また、ライブというものはステージ上の演者と観客とのコミュニケーションである事を考えると、一方の演者がいないことによるライブ感の喪失というものもあった。具体的に言えば、拍手をしたりクラップをしたり叫んだとしても、映画館ではステージ上の人たちに伝わらないのだ。だから、好きなら好きなだけ、ディスコミュニケーションを感じてしまう。これは根本的な問題であるとは思うが、場の雰囲気でそういう部分を一部を覆い隠すことも出来るのかなとも思う。拍手が出来る雰囲気。クラップで曲にのることが出来る雰囲気。
以上ふたつの足りない部分を上げたのだけど、それでも十分に魅力を感じることが出来た。なんといっても、今日のコンサートを映画館で見ていた楽しかったし、熱くなることが出来た。その経験から、充分ありだと考える。AKB48で言えば、活動の中心はどうしても東京になり、そこで起こっていることについて地方で知ることは難しい。しかし、例えば、AKB48専用劇場の公演を連日映画館で見ることが出来るなら、自分は通ってしまうだろう。地方の都市でも150強ぐらいの座席だったら埋まるのではないだろうか。
そういった想像の先に、「東京」でしか成り立たないアイドル現場の現状について、少しの希望を抱いてしまうのだ。