読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南波志帆「オーロラに隠れて」リリース・インストアライブ 〜北九州に隠れて〜 および 〜博多に隠れて〜

12:00- 〜北九州に隠れて〜 @ リバーウォーク北九州


北九州のイベントと言えば!でお馴染みなリバーウォークでのイベントです。1Fミスティックコート。ステージをぐるっと囲む噴水は、ゴムの床で埋められてました。ステージの前に青いベンチが4列ほど。前列はそこに座り、そのまわりを囲むように立ち客。最終的には60〜70ぐらいは見てたかな。
客層は、まさに老若男女。親子連れやご年配の方から中高生まで。地元と言うことで、ご親族やお知り合いも多い感じ。それもあって、まったりとした、歓迎ムードのある、良い現場になっていました。観客が南波ちゃんに気軽に声をかけ、本人がそれに軽く応えるような、ここまで和気あいあいとして客席ってあんまり無いよね。
前日までがあまり良い天気じゃなかったけれど、南波志帆ちゃんの力か、天気は快晴。風は冷たく感じるものの寒くはなく、客席の半分は日向で、太陽に当たると暑いくらい。立ち最前で、日の当たる場所にいた自分はジャケットを脱いで見ていました。
11:30頃、本人登場。衣装に黒のコートを着た状態でリハーサル。「スローモーション」「ごめんね、私。」「オーロラに隠れて」の3曲だったかな。かなり入念なリハ。気合いが入ってる感じ。ほぼギリギリまでリハーサルをしていて、声の出などを気にしてた。以前見たときよりも高い意識が見てとれました。ステージの告知をして、捌ける南波ちゃん。
本番は、スタッフによる注意のあとに、自然な笑顔でステージ入り。そのまま歌へ。セットリストは以下。

  • 01.「スローモーション」
  • MC1(自己紹介)
  • 02.「じさくじえんど」
  • MC2(トーク)
  • 03.「ごめんね、私。」
  • 04.「楽園にて」
  • MC3(お知らせ)
  • 05.「オーロラに隠れて」

ステージ中央前にスタンドマイク。その右隣りに丸テーブルがあり、紙一枚とペットボトルの水。マイクの左後方に長方形のテーブルと椅子。こちらはギターの方が、PCを置いて座ります。
衣装は、白黒の横縞のインナーに黒のジャケット、薄黄色の膝上スカート、黒タイツ、ヒールのある黒ブーツ。何だかアンバランスな就活中の女子大生って感じでした。髪は左上でまとめたいつもの感じ。
全体の感触として、前回見たよりもずっと、ステージ上で堂々と楽しんでいる様子でした。歌も安定しているし、目に意思の力すら感じました。表情も実に自然。地元の人の応援もあって、終始あふれんばかりの笑顔でしたが、心からの笑顔って感じでしたね。
また今回、彼女の生の歌に独特さを感じました。リズムの取り方に特徴があって、リズムそのままが歌に乗るという感じじゃなくって、まず身体でリズムをとってそれが歌に入ってくる感じ。リズムを身体で変換している感じ。歌い手としては独特なリズムの取り方で面白く、また、それに身をまかせる気持ちよさも感じました。
流れを追うと、1曲目「スローモーション」では目線の配り方に感心しました。MC1では軽く自己紹介。観客から「ガンバレー!」と威勢の良い声が飛ぶと、本当に嬉しそうにしていました。2曲目の「じさくじえんど」で歌のリズムに身をまかせました。MC2では、まず水をとり、「まぶしいけど我慢して最後まで居てください」とか、地元が遠賀であることを紹介。リバウォにも良く来ていて、紫川に飛び込んだことがある!と激白。「変なヒトとかじゃなく、舞台で飛び込んだんですよ」と必死に弁明していましたw でも、紫川に飛び込むとは・・・、汚いなあw 3曲目「ごめんね、私。」は力強い感じ。間奏のクラップも楽しい。この曲の終わりでスタンドマイクをどけて、ハンドマイクに。4曲目「楽園にて」は表情の自然さとライブを楽しんでいる様子が見て取れました。ギターの人を曲中に紹介したり。「完璧」ではないけれど「充分」なパフォーマンスだと思いました。MC3では、水分をとり、シングルCDの発売についてお知らせ。話し始める前に本当に嬉しそうに「楽しい」とつぶやいていたのが印象的。「地元って大切っていうか、やさしいですね」と、心からの言葉で話してました。ラストの「オーロラに隠れて」については胸がキュンとする歌詞とのこと。で、最後の「オーロラに隠れて」。初めて聴きました。クリスマスに合わせたような曲調。この曲ではギターはなし。ギターのヒトはPCで調整したり、鈴を鳴らしてました。この曲は、南波ちゃんのステップや振付も面白いですね。「歌って〜」のところで口パクパクする振付をしたり、印象的な振り付けが面白い。また、間奏やラストの歌のないところでも、自然な感じでクラップを誘ったりして、観客を飽きさせないのはさすがでした。
12:27にミニライブは終了。ライブの後はサイン会です。40人ぐらいが列んでたかな。かなり多い印象。私はCDの盤面にサインを貰いました。南波ちゃんがサインを書いてる間にお話しがたっぷり出来ます。彼女が遠賀郡出身ということで、この間行った「おんが郡ウォーターフロントウォーク」の話題など。なにが話題になるかわかりませんね。楽しいお話しでした。最後にキャナルに行くことを伝え、握手でお別れ。きれいな指でした。
南波志帆さんの地元ならではの雰囲気とステージで、非常に楽しむことが出来ました。

16:00- 〜博多に隠れて〜 @ キャナルシティ博多


北九州小倉から舞台を移して、福岡はキャナルシティ博多でのイベントです。お馴染みサンプラザステージ。池なしバージョン。今日のキャナルはクリスマス仕様で、とても綺麗です。南波ちゃんが立つステージの後ろにはクリスマス飾り、そして頭上には特大のツリー。こんな素敵に飾られた中でステージに立つ事ってなかなか無いですよね。素敵なステージングを彩る素敵な舞台となっていました。
天気は曇り。しかし人出はかなり多いです。最終的には200ぐらいは行ってるんじゃないでしょうか。南波ちゃん目当ての人もかなり多かったです。また、観客にかわいい子もたくさんいました。こちらキャナルも北九州に負けず劣らず老若男女多彩な観客でしたね。こっちも実質ホームですしね。良い雰囲気の客席でした。
15:30に本人登場。まず目立ったのが、直前の北九州と衣装が違うこと。ブーツと黒のジャケットは同じですが、その下が白地に黒の水玉ワンピで赤葡萄色のカラータイツという出で立ち。北九州での1回目よりも、かなりしっくりくる衣装でした。
リハは基本リバウォと一緒。「スローモーション」「ごめんね、私。」「オーロラに隠れて」の3曲。リバウォと違うのは、こちらはすんなりリハでオッケーが出てたこと。納得いく作りになっていたんでしょうね。一回一回「オッケーのポーズ」を南波ちゃんがとるんですが、そのポーズの一つ一つが実に嬉しそうにしてて可愛らしかったです。
16時から名物の噴水。南波ちゃんも横の方でギターの人と楽しそうに見ていました。16:05にスタッフから注意事項の説明があり、ライブスタート。セットリストは以下。

  • 01.「スローモーション」
  • MC1(自己紹介)
  • 02.「会いたい、会いたくない」
  • MC2(トーク)
  • 03.「ごめんね、私。」
  • 04.「楽園にて」
  • MC3(お知らせ)
  • 05.「オーロラに隠れて」

流れは1回目の北九州と同じですが、2曲目が別の曲になりました。
驚かされたのは、ライブの雰囲気が1回目の北九州とまったく違ったこと。1回目が笑いながら楽しげにステージを満喫してた感じだったのが、2回目のキャナルではグッと真剣に歌の世界に入っていく感じでした。だからといって南波ちゃんはステージを楽しんでないわけじゃなくって、どっちもそれぞれ違った魅力があって、それが1日という枠の中で同時に存在し得たってのが、とても興味深く思えました。
出色は今回だけあった、2曲目の「会いたい、会いたくない」。南波志帆さんの作り出す音とリズムと声とで、腹の底からジワジワと高まる感じを受けました。この曲は先ほど上げた2回目の雰囲気にガッチリ合った内容でしたし、その他の曲も1回目と同じ演目とは思えないような、新鮮な感じを受けました。とても面白かったです。
流れを追うと、1曲目の「スローモーション」は表情豊かな南波さんが印象的でした。あと、この衣装だと、南波さんのドキがムネムネして私もドキドキしてしまってました。MC1では名乗り、「楽しんでいってください」と。2曲目「会いたい、会いたくない」は今回出色ってさっき書きました。終わって、小首でちょい礼する南波ちゃんが可愛らしかったです。MC2ではトーク。「凍えるような寒さの中、たくさんの方に集まってくださって」と話しを始め、「寒いので風邪をひかないように」と心配をしてくれ、最後に「そのためには手拍子で身体を暖めてください」って流れは上手いな!と思いました。「ごめんね、私。」は盛り上がる曲ですしね。3曲目「ごめんね、私。」。大変盛り上がりました。このときの南波ちゃんはとても真剣な表情でしたね。スタンドマイクを外して4曲目「楽園にて」。歌のリズムが心地良い。ギターの紹介あり。そのあと、スタンドマイクを戻して水分を補給。MC3。再び「凍えるような寒さ」と始め「凍死しないように」とクラップを要求するほのぼの南波ちゃんが良かったですw ここで「こういうロケーションで」と、キャナルの装飾とクリスマスに触れてたのも良かったと思います。ラストは「オーロラに隠れて」。地味に良い曲で、この季節に聴くとなおさら良いですね。「オーロラに隠れて」と歌うところで、隠れる振付があるんですが、あれもかわいいな。リズムの取り方は1回目のほうが良かったかも。でも満足感たっぷりなステージでした。16:31終了。
ステージの後はサイン会。列がすごーく長くなってました。凄い。サインを書いてもらってるときにトーク。私、今日の感想を精一杯伝えようと南波ちゃんに喋ってたら思いっきり方言丸出しになってて、でも南波ちゃんったらそれに合わせて「そうなん?」と優しく方言で返してくれて、ちょっと感動しました。握手して、またこっちで箱でやってねーとお願いして終了。他に、ファンの方が握手するときに跪いてやってるのを見て微笑ましく思いました。やっぱり目線は合わせたいもんねーw
最後まで南波ちゃんをお見送りして、イベント終了。移動距離は結構あって負担も大きかったけど、楽しい一日でした。素敵なイベントをありがとうございました!

オーロラに隠れて

オーロラに隠れて


関連リンク

リバーウォーク


キャナルシティ