読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早帰り日ながら

今日も冷える。行き帰りに雨に遭うことはなかったが、天気も良くない。会社の人も体調不良多し。トップが本棚を作った。見たいがこれみよがしに行くのはいやなので、遠くで見守る。トップは見てもらいたそうだったが。。。 午前中に昔の店でトップだった人が挨拶回りに来てた。昔に比べて血色が良くなってる。仕事は懸案の一つに道筋が見えてきて少し安心。
お昼にとんこつラーメン。以前の上司と食べる。入った頃、教育から何からしていただいた方。身体の調子が悪そうで顔色が悪い。昔どちらも同じ場所にいたのだが、その後の居る場所によってこんなに変わるのか。まあ、個人的な差も大きいとは思うが。昼の10分ぐらいは読書タイム。徳冨蘆花の「自然と人生」を読み始める。最初の西南戦争のところなど。面白くてグイグイ引きこまれる。
ぼちぼち仕事。後半に会議。この会議のせいで早帰りは出来なかったが、なかなか興味深い内容だった。自分もあそこまで行かなきゃな。定時に帰れなかったが19時前には帰り着いた。食事して、余裕があったのでウォーキング。14千歩。はじめはダラダラ歩いていたが、後半はシャカリキに歩いてみた。まあでもぼちぼちでいいかな。
帰宅後、作業しながらテレビ。テレビドラマ「トイレの神様」。面白かったな。良いキャストだ。ちょっと詰め込みすぎで、場面転換や心理描写に甘さはあったが、充分かな。このキャストで2クールぐらいでやってくれたらもっと面白いのに、とか。
あとは、音楽を聴きながら歌の力について考えたり。
ふと、大人で偏食な人をついつい馬鹿にしちゃってることに思い至る。幼いって思っちゃっうのか。「大人のクセに」とか一瞬思う。でもよく考えると、偏食なだけだし、人格批判までする必要はないよな、と。今は飽食の時代だから偏食でもまったく生きていけるんだし。自分の狭量さを思い知るが、それでもこれからも瞬間的には馬鹿にしちゃうんだろうな。駄目だな。
とかくだらないことをつらつら考えたりした。