読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村上重良「天皇制国家と宗教」(講談社学術文庫)

明治維新から敗戦までの、日本の宗教を詳述。維新後の宗教だけでなく、政治史を見るためにも、これは必読の書。歴史を知るためにも、また戦後も綿々と続く日本の現状を把握するためにも、押さえておきたい一冊。
まだ全て理解したわけではない。何度も読んで、自分の血肉にしたいと考えている。

天皇制国家と宗教 (講談社学術文庫)

天皇制国家と宗教 (講談社学術文庫)