読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八重の桜 第一回 ならぬことはならぬ 感想

新しい大河ドラマ。幕末から明治大正くらいまでを扱うのだろうか。主演が綾瀬はるかで。新島八重を演じる。第一回はほぼ幕末の描写。いろいろ面白い人が出ている。脚本は結構素直で、振りと締めがちゃんとしている好印象。時代描写もなかなか楽しい。これからは綾瀬はるか新島八重という個性をどう演じ分けるかが楽しみ。
今回は初回ということで、新島八重の幼少時代を子役の鈴木梨央が演じていた。個性は強すぎず、それでいながらしっかりと演じられていたのではないだろうか。また、新島八重というヒトの性格をあらわすための細やかな演出・脚本も印象的だった。これは面白かったな。
この丁寧な作りなら、二話以降も期待が持てそう。
今回での不満を上げるなら、砲術の名手であるはずの綾瀬はるかが持つ銃身がブレブレだったことぐらい、かな(笑)。
林雄大さんの出演部分はわかりませんでした、、、