読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FMシアター「9歳のときに」感想

2013年3月9日放送 仙台局制作
作:黒川智子 演出:三原直 技術:志村宏 音響効果:柳川起彦
出演:藤本哉汰 真田鰯 稲田かおり 佐藤宏次朗 菅原文孝 葛岡有 高橋恵鈴奈 渡部ギュウ 白鳥英一 MIKA 相馬宏男
あらすじ → FMシアター 2013年 放送済みの作品 : NHKオーディオドラマ
FMシアター『妻の知らない夫のいくつかのこと』 | オーディオドラマ | ドラマスタッフブログ:NHK
NHK仙台 アナウンサー・キャスターblog:NHK | アナ・キャス日記 | 【相馬 宏男】アナウンサー仕事の流儀
少年の成長物語としての「スタンド・バイ・ミー」的な作品。
父と母に置いて行かれ、減っていく残りのおにぎりの数を数えながら日々を過ごし、また学校で虐げられる毎日の描写が、主人公がひたむきであるだけに聞いていて胸を締め付けられた。
また、後半の子どもたちだけでの冒険での成長。震災に搦めた子どもたちの状況までの盛り上がりも上手い。
子役の演技もしっかりしていて安心して聞いていられた。中でも主役を務める藤本哉汰くんの、素直な子の演技、学校でのおどおどした演技などはとても上手く、作品の質そのものを高めていた。
佳作でした。