読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福田千鶴「後藤又兵衛 大坂の陣で散った戦国武将」(中公新書)

大河ドラマ真田丸を楽しんでいる。また、後藤又兵衛自体にも興味があり、本書を手に取った次第。
後藤又兵衛という人物自体は、その本来の性格や気性をたどるのは難しいらしい。本書ではその周りの状況を追うことで、後藤又兵衛という人物に迫っている。ので、読んでいて、その時代背景がとてもよくわかったし面白かった。
一方で、後藤又兵衛という人物を想像する場合は、物語小説とかの方が相応しいのかなとも思った。まあ、歴史物はたいだいそうなんだけど。

中公新書のサイト
後藤又兵衛|新書|中央公論新社