奥富敬之「吾妻鏡の謎」吉川弘文館

鎌倉ものを読みたいと思って手に取った。
鎌倉幕府の準公式的な歴史書吾妻鏡について、その記載内容と他を比較していく形で、それでいながら全体の流れを掴むこともできる。
知ってることも多かったが、鎌倉幕府を頼朝を頭に据えた「東国武士たちによる一揆」としてるのが目からウロコ(当然の見方なんだろうけど)
主体を頼朝ではなく東国武士に置くと色々説明がつくこと多いもんなとか、考えをめぐらせることができた。

魚川祐司「仏教思想のゼロポイント―「悟り」とは何か―」(新潮社)

中村元氏のものはちょこちょこ読んでて、でもそこからとくにアップデートできてなかったなと思って手を出した著作。
信仰としての仏教を最初にドーンと出して、それを丹念に説明していく。
理解できたかというとなかなか難しい(身についてないという点で)が、納得感は結構ある。
また、前者にちょっと物足りなかったところもガッツリあって、ううむと唸ったり。
一番はものの見方をちょっと別の角度で見られるようになったことかな。
思い出すたびに読むとそのたびに新しい発見がありそうな著作だった

HKT48 秋のくまもとお城まつり2019 オープニングアクト @ 熊本城二の丸広場 2019/10/5(土)14:30~15:10

本日から熊本城の特別公開が始まる。そのオープニングアクトとしてHKT48が40分のライブを実施。秋のくまもとお城まつりのオープニングでもある。

f:id:mfluder:20191005131235j:plain
秋のくまもとお城まつり2019

  • 出演メンバー

荒巻美咲 上野遥 運上弘菜 小田彩加 坂口理子 武田智加 田島芽瑠 田中伊桜莉 田中美久 地頭江音々 豊永阿紀 渕上舞 松岡はな 水上凜巳花 本村碧唯 渡部愛加里(計16名)

  • セットリスト
    • 01.Chain of love
    • 02.桜、みんなで食べた
    • 03.君のことが好きやけん
    • 04.ぶっ倒れるまで
    • MC
    • 05.12秒
    • 06.キスは待つしかないのでしょうか?
    • 07.控えめI love you !
    • 08.ヘビーローテーション
    • MC
    • 09.メロンジュース
    • (みくりん煽り)
    • 10.早送りカレンダー
    • (はな煽り)
    • 11.最高かよ
  • 感想

炎天下でのステージであり、11:30からの式典から待っていたのでライブが始まるまでかなり時間があった。見るのには大変な環境ではあったが、さすがに10月で吹く風は涼しく、ステージも高いので見やすくもあり、客のトラブルもそれほどなく、とても良い環境での観覧となった。
出演メンバーもとても良い人選。ベテランでもガッツリ取り組むメンバーたちばかりだし、中堅メンバーもしっかりしてて、若手メンバーも新鮮。バランスが取れた良いメンバーが選ばれてた。それでいながら全体としてフレッシュなステージを見せていたので、アイドルらしい良いものを見せてもらった感じあり。
熊本凱旋となる田中美久さんと田中伊桜莉さんも、とても良いステージを見せてくれていた。田中美久さんは今ではHKTをひっぱる存在であり、ステージ上ではセンターをつとめることも多い。センターとしてのみくりんもずいぶん安定してきた印象で、今日のステージでも、HKTのセンターらしいセンターをつとめていたと思う。なによりセンターとして可愛くパフォーマンスできているのが素晴らしい。田中伊桜莉さんは本当にフレッシュで、ステージごとにダンスが上手くなっていってる。1回のステージで見せる良さってのがどんどん更新されていっているので、いつも見逃せないなと思ってる。そのステージを集中して観てないと、次はもっと上手くなってるので、今の田中伊桜莉さんは今しか見られないので、そういうアイドル現場らしい楽しみ方ができるメンバー。あと、すっごい美少女ですよね。今日のセットリストでは凱旋ということもあり、前列にくることも多かった田中伊桜莉さん。たくさん見られて嬉しかったな。
セットリストも素晴らしい。最初に上野遥さんセンターの「Chain of love」をやってくるのとかも、ムッチャ熱いよね。このステージではHKT地震の楽曲が多めで、色んなメンバーが活躍できるセットリストってのも良かった。あとこのイベント用にovertureとか各曲用のVTRも作ったっぽいのが面白い。これからでも外イベで使ったりするのかしら。
ちょっと大人っぽくなった運上弘菜さんの可愛らしさとか、ひとりひとりにレスを送る田島芽瑠さんとか、武田智加さんの細かいところまで可愛く振り付けてるところとか、本村碧唯さんの見せ方の上手さとか、地頭江音々さんの笑顔とパフォーマンスの良さとか、坂口理子の最年長なのに凄いフレッシュな感じとか、渕上舞さんのアイドルとしての安定感とか、上野遥さんの目に止まるダンスとか、豊永阿紀さんの自分の世界に入り込む独特の表現力とか、渡部愛加里さんのアイドルとしての完成度の高さ(表情とか存在感とか)とか、良いところをたくさん見せてくれた。
あと、荒巻美咲さんは、あんなに美少女なのに、後ろのほうでダンスしててもまったく力を抜かなくなったし、しっかり笑顔でダンスできるようになってて。本当にアイドルとして成長してるんだなあと思った。地頭江音々さんも、口でリズム刻んでしっかりダンスを踊ってるところとか、見ててホント魅了される。武田智加さんも、かなり意識したダンスと表情なので、目に止まる。運上弘菜さんも、あんなに美少女なのにダンスなどで手を抜くことないし。本当にメンバーひとりひとりのステージに対する意識が高いのが今のHKTなんだなって感心させられた。
MCでは、熊本地震への言及や熊本城復興の話など、イベントに相応しい話題をしっかりしていた。あと、田中伊桜莉さんが4年前の熊本のイベント(豪雨で途中で中止になった)に友達と来ててHKTを見てた話しとかも披露。来週の熊本でのコンサートについても話していた。
気になったのはステージング中にHKTのスタッフが2回もステージ下からメモをメンバーに差し入れてたことかしら。こういうところが、メンバー・スタッフ共に外イベント経験がわりと少なめなところをあらわしているような気がした。
とはいえ、素晴らしいステージと素晴らしい観覧環境で、最高の体験となりました。

  • 関連リンク

togetter.com