読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽戦士リアルタイム視聴記録

始まった! ドキドキする。やっぱり好きな子たちがより多くの人たちの目にとまるって言うのは、ドキドキするものだよね。
初っぱなは年齢の話し。菅谷梨沙子ちゃんが平成6年生まれで、その一桁の「6年」にピンと来ない西野が良い感じ。嗣永桃子のお母さんが青木さやかと同じ33歳と言うことでクリーンヒット!キングコングの西野じゃない法外ないのは、本当に良かったなぁ。
CM明け。キャプテンの話題。リーダーではなく「キャプテン」にこだわるといういつもの方程式。うん。安心して見れる。リーダーと言う西野にすかさず「キャプテンです」と突っ込む桃子ちゃんはさすが。そんな微妙なこだわりを持ちながらも清水佐紀ちゃん曰く「(キャプテンという名は)会社の人が決めました」と。ギャップに笑える。このときの清水佐紀ちゃんの笑い顔、特に瞳に注目。様子がわからない動揺がありつつも、本当に笑い涙が出ている。
続いて菅谷梨沙子ちゃんの年齢の話題から、学校での様子へ。学校でモテて告白されたりするんじゃ?と言う質問。りぃちゃんは男の子から直接告白されたことがある、とのこと。この答えるときの表情にはちょっと誇らしい様子もあり、心強い。更に状況説明で追求されるりぃちゃん。みんなのいる教室で告白されたことまで話す。それを笑顔で優しく見守る須藤茉麻さん。いいねぇ。息抜きに青木さやかの小学生の頃の話題。ウケる茉麻さん。反応が良いから良く画を抜かれるね。
お父さんとお風呂に入る?との話題には、全員が即答で「入りません!」 個人に対するツッコミで更に夏焼雅ちゃんに「(お父さんと入ってないなら)なにと入ってるの?」と聴くと、困惑したように「一人で」と。この困惑した様子が雅ちゃんの性格をよく表していて興味深い。
学校ではやっていることで、嗣永桃子ちゃんは「心理テスト」。中学生らしいね。何気にそのとき抜かれてる茉麻さんのとんがらせた唇が面白い。桃子ちゃんは自分たちで作った心理テストを持参。紹介。それを読んでいるときにちらりと清水佐紀ちゃんに視線を投げる雅ちゃん。桃子ちゃんの持ってきた心理テストは精神年齢を算出するものだったけど、その根拠について聴かれると「適当です!」と悪戯っぽく答える。桃子クオリティ。もちろん唖然として更にツッコミを入れるキングコング西野だったが、桃子クオリティはとどまることを知らず「楽しければいいと思うんですけど」と、いつもの桃子スペシャル!
Berryz工房のお笑い担当と言うことで、徳永千奈美ちゃんを紹介。すかさず桃子ちゃんと清水佐紀ちゃんが千奈美ちゃんを指し示してます。アップの千奈美ちゃんは、コンサート前とかの余裕のない時の、泳いだ感じの目に、でも笑顔は忘れず。お笑い担当の根拠として「ダジャレばっかり言う」とキャプテンが言うと「おっさんやん」と西野がツッコミ。自信の無いような顔でダジャレを言う千奈美ちゃん。見事にいつも通りの反応になってしまう周り。微妙な笑顔で受け流す青木さやか。様子を探るような目の千奈美ちゃん。西野はちゃんと上手いと褒めていました。
コーナー「Berryz工房 ピリリもぎたて いちご白書」。きちんと「ぴりり」というキーワードを入れてくる作家は偉い。メンバーに事前にとっていたアンケートを突っ込むコーナー。
Q1「女の子として普段から気をつけていることは?」雅ちゃん曰く「眉毛をボーボーにしない」。「ボーボーになるの?」という釣りにも引っかからず女の子らしい答えをする雅ちゃん青木さやかは女性らしく、眉の整理法を聞く。眉は剃って整えているとのこと。青木さやかが気をつけていることで「歯石を取る」と言うと、すかさず横を向いてウケる佐紀ちゃん雅ちゃんは何だか冷静に聞いてます。メイクはするの?との問いのは全員が「してません」と。出演中の今も「あんまりしていません」。青木さやかの「(自分はメイクしないよりも)メイクして乳首見せる方がまだマシ」発言の時の、無反応気味な皆さんの表情も見所。特に茉麻さんの微妙な表情が素晴らしい。
Q2「一生懸命あつめている物は?」佐紀ちゃん曰く「500円玉集めをしています」 話題メーカーの徳永千奈美ちゃんの影響で始め、1年ちょっとで6万円程度になった。貯めてお母さんになにかプレゼントしたい、とのこと。今度はみんなの財布具合について質問。みんなお小遣い制。千奈美ちゃんは@3000。熊井友理奈ちゃんは買い物に行ったときのおつりとか、おじいちゃんが来たときにお小遣いとして1万円とかを貰うとのこと。何気にこの放送で熊井ちゃんがソロで抜かれたのは初めてだね。質問に答える熊井ちゃんが凛々しく見える。
Q3「今、一番欲しい物は?」須藤茉麻さん曰く「新しいベッド」 小学1年生から使ってるのでそろそろベッドがちっちゃくなってきてるからとのこと。ベッドに人形もおけないからと、茉麻さんらしい女の子な所も披露。ベッドに人形を置いている?の質問ですぐに頷いたのは茉麻さん・雅ちゃん梨沙子ちゃんの3人。続いて熊井ちゃん千奈美ちゃん。さらに「人形がないと寝れません」と佐紀ちゃん。ベットに置かないなら場所がとれると言う指摘には「そこら辺に置いておくとかわいそう」と茉麻さん。すかさず「かわいそうも何も、あいつらしんどるで!」と突っ込む西野に対し、すかさず「人形がかわいそうです!」とツッコミ返す嗣永桃子さん。さすがです。茉麻さんも堂々とした応対で頼もしい。
Q4「アイドルとして自分に足りないと思うことは?」徳永千奈美ちゃん曰く「セクシーです」 この段階では先ほどのような自信のなさも無くなってきて、いつもの千奈美ちゃんらしくなってます。「元気だけじゃ女の子として何か足りない」「年下だけど菅谷梨沙子ちゃんみたいになりたい」と。何気に悩んでいる様子。ここでファッションリーダーとしての菅谷梨沙子ちゃんにフューチャー。私服がセクシーで、青いタイツをはいてきたりして、最初見たときは「どうしたの!?」と思ってしまったとのこと。ここで西野が「そんなタイツをはいているのは志茂田景樹さんぐらい」とのツッコミ。ちょっと笑ってしまった。青木さやか曰く「自分の彼氏に一番紹介したくないのは菅谷梨沙子ちゃん。とられるかもやめてお願い・・・」 そのときは菅谷梨沙子ちゃんは困ったような、どう対応したらいいかわからないような顔。このとき流れで青木さやかが西野の股間をタッチ。「ギャー」と叫び出すメンバー。青木さやかがその手をメンバーに振りかざすと立ち上がって逃げ出すみんな。佐紀ちゃんなんか、緊張感が吹っ切れたってのもあるかもしれないけど、涙が出たりしてスタジオが更に盛り上がっていく。「なんで泣いてるの?」に「怖い・・・」と佐紀ちゃん。つられて菅谷梨沙子ちゃんまで涙。「きもちわるい」と須藤茉麻さん。意外な反応に素直に謝る青木さやか。泣いている佐紀ちゃんたちをみてあっけらかんと笑っている夏焼さんは魅力たっぷり。
Q5「好きな男の子ができたら自分から告白を出来ますか?」 自分から告白できるに佐紀ちゃん雅ちゃん友理奈ちゃん・梨沙子ちゃん。座り順で司会手前の4人。ここで「Berryz工房 ドキドキ 告白シミュレーション」と銘打って、カメラで告白の練習。ま、告白の映像に似たものは「ギャグ100」でもやってるしね。まずはキャプテン佐紀ちゃんから。「大好きだよ 付き合ってね」とスタンダードに可愛く。それに対して反応が大きい桃子ちゃん。終わった後に恥ずかしそうな佐紀ちゃん。続いて雅ちゃんの告白シミュレーション。寸前で焦り出す雅ちゃんが、実に雅ちゃんらしくって良いです。雅ちゃんはもっと素直に「好きです」。更に反応する桃子ちゃん。さらには千奈美ちゃんまで大反応。雅ちゃんに続いては熊井友理奈ちゃんがシミュレーション。思い切りの良さが良いですね。「○○くんのこんなところが大好きです」 冷静です。でも、やっぱり終わった後はちょっとはにかんだ感じに。熊井ちゃんの次は菅谷梨沙子ちゃん。始める前にいつものいじいじした菅谷梨沙子ちゃんを見せてくれます。思い切って「大好き!」と。声も大きく、とても気持ちの良い告白ですね。一息ついて茉麻さんが自分から話し出す。「コクると言うと、男の人がするもの」と物怖じせずに茉麻さん。「絶対そうだよね!」と強調する桃子ちゃんと千奈美ちゃん。桃子ちゃんの表情の作り方が尋常ではありません。「自分から告白していた」と言う西野に「フラれちゃったんですか」と突っ込む茉麻さん。頼もしい。表情も良い。それに「なんて言ってフラれたんですか」とかぶせる桃子ちゃん。スゴイヨ。更に桃子ちゃんは青木さやかの告白シミュレーションまで振ってきた。スゴイヨスゴイヨ。そんな画とくに見たくないけど、それを振ることが出来る桃子さんスゴイヨ。青木さやかが始める前に素で「ハハッ」と口に手を持って行って笑う千奈美さん。緊張は完全に解けた様子。モニタに見入ってます。
ここで別の映像に。BoAとかHINOIチームのライブ、若手ミュージシャンの紹介など。
明けて「青木お悩み相談室」。ついに来た嗣永桃子ちゃんの独断場。悩みは「青木さんに勝ちたいんですけど・・・ 何をしたら勝つことが出来ますか?」 桃子ちゃん曰く、密かに思っていたけど青木さんが好きであこがれている、とのこと。「(勝負は)何でも良いよ」と高飛車に言ってしまい、ちょっと謝る青木さやか。まだ中学生とかの子たちには優しいのね。と言うか、距離感を掴めてないのかな。でも、そういう気遣いがありがたい。っていうか、これって放送前から期待してた桃子VS青木さやかじゃん! マバタキの早さで勝負することになり「私負ける気がしないよ」と言う青木さやかに「私も負ける気がしません!」と桃子。期待は嫌が応にでも高まるわけですよ。胸の所で手を組み、二人が並んでまばたきを準備。全く勝負にならない桃子さん。「遅い、遅い」と自分で言うところがポイント。負けて「いやいや」と女の子らしい仕草の桃子さん。少しの時間だったけれどやっぱすごいや。
んで、ここで「ジリリ キテル」のライブ。ヘッドセットマイクで、ダンスの切れが他よりも出てるかな。これは別エントリで後日。
明けて青木さやかの小学生時代の日記公開。素っ気なくしかも鬱気味の日記にみんな爆笑。特に佐紀ちゃんは表情を崩して爆笑。初めて見る表情かも。緊張もほぐれ、みんな表情がとても良いです。
ここで伴ちゃんのライブ。一息。
って、これで終了。一応スタッフを別エントリで上げとくか。