読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウルの息子

Denkikanで視聴。
第二次大戦中のアウシュビッツがテーマの映画。ゾンダーコマンダーと呼ばれたアウシュビッツ内で「特殊任務」を担当していたユダヤ人たちが主役。
これ、無茶苦茶おもしろかった!今年一番かも!実話ベースなのに!
題材自体が興味深いし、主人公が架空の息子(の死体)に出会うことで人間性を取り戻そうとしていくってのが、すごく良かった。
非人道的な環境にいて、それでも人の心を取り戻そうとしてもがく姿よ。
最初と中盤で、表情がまったく違うのよ。そして最後の子供をみる主人公の目。
完璧でしょ。
アウシュビッツで実際になされた残酷な描写もうまく表現している。
必見の作品。
見終わって心が空っぽになった作品。
これはすごい作品でした。
あと、フィルムのサイズがなんかいつもと違ったのは、海外作だからでしょうか
www.finefilms.co.jp