読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京女子流 1st JAPAN TOUR 2011 -鼓動の秘密- @ 広島クラブクアトロ


ツアー最終日。
自分は心斎橋クアトロでの初回に続いて、2回目の参加。
広島クラブクアトロは、収容人数700人とあるが、一番下のフラットな部分と、後ろの一部段の上がったところのみを使用。使用の制限があるので、人数に丁度良いくらいの箱になっていた。観客は300ぐらい?
狭い箱だし床が基本フラットなので、当初は見えないんじゃないかと思っていたが、ステージの高さが胸ぐらいにあって、うしろからでもよく見えた。ステージは横は狭いが奥行きはある感じ。
自分は当初5列目ぐらいで見ていたが、諸処の事情で4曲目「頑張って いつだって 信じてる」ぐらいから後ろ3分の1の広いスペースに移動。それでもよく見えて、全体も俯瞰できる状態だったので、思った以上に良い箱だったのでは? さすがに汗がどのくらいまで噴き出しているかは見えなかったけど、それでも充分近かった。
全体の感想としては、ツアー最終日の、幸福感の詰まった素敵なライブだったな、と思います。この一週間をツアーで駆け抜けた5人のやりきった感は大きい。そして何より、女子流のこのツアーに向けた当初の目標である「5人で最後まで、笑顔で女子流らしいパフォーマンスをする」が達成できたライブだったのではないでしょうか。
一方で、パフォーマンスそのものに関しては、一週間の疲れもあるからか、最善のものではなかったかな。初日に見た大阪のパフォーマンスの方がずっとずっとパワフルだったかも。
それは例えば、ひーちゃんが途中から地声で歌ってたり、あぁちゃんの歌が不安定な部分が出てきてたり、みゅちゃんで言えば表情にまったく余裕がなかったり、ゆりちゃんは歌の大事なところをことごとく外してたり、完成度では間違いなく初日の大阪の方が上。でも、それは走り続けた一週間のラストなだけに仕方がないのかな、とも思います。
だからといって、パフォーマンスが駄目駄目かというとそう言うことではなく、比較しての部分であると思います。ダンスだって、まとまりの部分ではかなり良かった。そして今回は何より「やりきった」ことが他の会場に比べて大きく違う。充分なパフォーマンスでツアーをやりきった。それがここ広島ではっきりあらわれていたのではないかと思いますし、それこそがこのライブを体感したあとの「幸福感」に繋がってきてるのではないかと考えました。
セットリストは以下。基本、大阪のものと同じ。ラストにアンコールに応えて、予定外の追い出し挨拶があったくらいかな。一週間のツアーだし、当然。今できることに最善を尽くすならそうなるよね。

  • 01.「キラリ☆(TGS01)」
  • 02.「」
  • 03.「鼓動の秘密(TGS04)」
  • MC(自己紹介)
  • 04.「頑張って いつだって 信じてる(TGS03)」
  • 05.「」
  • 06.「きっと 忘れない、、、(TGS07)」
  • MC
  • 07「カバーメドレー」
    • 07-01「Movin'on」(dream)
    • 07-02「Get Over」(dream)
    • 07-03「Reality」(Folder5)
    • 07-04「AMAZING LOVE」(Folder5)
    • 07-05「Believe」(Folder5)
    • 07-06「Grow into shinin' stars」(SweetS)
  • 暗転・ライブ直前映像
  • 08.「孤独の果て〜月が泣いている〜(TGS11)」
  • 09.「Attack Hyper Beat POP(TGS10)」
  • MC(アルバムについて、ペンライトについて)
  • 10.「Love like candy floss(TGS09)」
  • 11.「サヨナラ、ありがとう。(TGS08)」
  • MC(感想)
  • 12.「ヒマワリと星屑(TGS05)」
  • 13.「ゆうやけハナビ(TGS06)」
  • アンコール(8bitおんなじキモチ)
  • en1.「おんなじキモチ(TGS02)」
  • MC(アルバムの特典紹介、関西弁、告知)
  • en2.「キラリ☆-Royal Mirrorball Mix-(TGS01)」

あとは流れで細かくメモ。18:05開始。
1曲目「キラリ☆(TGS01)」の登場の状態で、あぁちゃんの表情がこわばってて、目にうっすら涙をためてるように見えた。それ以外はみんなガッツリパフォーマンス。いい感じ。
2曲目の新曲、ひーちゃんの表情が完璧。ゆりちゃんの笑顔に癒される。ギターカッコイイ。これは後にシングル化されるんじゃないかなあ。大好きな曲だ。胸を前後させるダンスは、ひーちゃんとゆりちゃん以外は出来てないなあ。ダンスの基礎的なところの差だと思うけど。
3曲目「鼓動の秘密」。ゆりちゃんの出だしが、、、 大阪では上手くいってたけど、広島ではズッこけてしまった。まあ、CDでもあんな感じだから間違いではないのかも。ひーちゃん汗が噴き出してる。あぁちゃんは身体全体でリズム取るのは苦手なのかな。
MC。「ようこそー」からはじまる。自己紹介。あぁちゃんの「こんばんはー」。最終日の話し。みゅちゃん「悔いが残らないよう、笑顔で、女子流らしいライブにしたい」とユニット全体の抱負を。ひーちゃん「最後に盛り上がっていきましょう!」。ゆりちゃん「5人で最後まで笑顔で」「そのテンションでついてきてー!」。めいちゃん「カープの栗原選手と同じ山形出身です」「テンション上がって、もっと!」。ステージ後ろにもライトが当たってて、ひーちゃんが髪の毛を上げて首筋の汗を女子流タオルでぬぐってる様子とかがよく見えたりして、珍しく思えた。
4曲目「頑張って いつだって 信じてる」。曲紹介最後の「〜です」は、客のみ。大阪ではメンバーも言ってたよねーとか。曲中セリフは広島弁ver。最初は聞き取れなかったけど、「がんばりんさい」「応援してるけんね」「ファイト」「大好きじゃけえ」だったかな。ファイトは、大阪では「ファイトやでえ」じゃなかったかとか思い出したり。
5曲目新曲。クラップ要求有り。何かに似てるって書いてて思い出したけど、Olivia Newton Johnの「Physical」だ。「Physical」のサビの部分が、この曲のリズムに入ってる感じ。クラップ要求有り。振付に、平泳ぎみたいなのとか腕を上下にクルクル回すのがあって、簡単だしマネするのも楽しそう。ステップもいい感じ。歌の部分では「あぁちゃん・ゆりちゃん」組と「ひーちゃん、みゅちゃん、めいちゃん」組に別れてる感じ。テンポ良くって盛り上がる。客も振りマネしてるんだけど、基本そのままマネなんだね。俺ミラー派だからちょっと悲しい。
6曲目「きっと 忘れない、、、」。あぁちゃんソロがちょっと不安定。ひーちゃんも声がちょっとマズい感じ。みゅちゃんのダンスがスローになってきたかも。が、曲そのものとしては超盛り上がる。ステージからも「一緒に手を挙げてくださーい」との煽り有り。この曲でひーちゃんがかなり乗ってきた感じを受けた。
MC。最終日広島について。あぁちゃん・みゅちゃんのトーク。広島は女子流初。イベントでも来たこと無いとのこと。あぁちゃん曰く「路面電車は8月の愛媛以来。でも愛媛に比べて数も種類も多くてびっくりした」とか。あと、「広島駅が沖縄の空港みたい」って話しとか。周りの広島のヲタが「古いからねえ」ってつぶやいてたw ひーちゃんが路面電車について「電車が道路を走ってるのが不思議な感じ」と言うと、みゅちゃん「ちょっと怖いよね」と。広島名物について。ゆりちゃん曰く、カメラさん情報で辛いつけ麺があるとのこと。「ラーメン大好きなので挑戦したいってかんじ」との事でした。隣の広島のヲタがぼそっと「やめたほうがいいいよ」と言ってて笑ったw 名物としては広島焼きの話しなど。「広島焼き」との名称が出たときの周りの広島ヲタの殺気だった様子が印象的w 「広島焼きじゃねえ、お好み焼きだ!」って感じでしょうかw ひーちゃんは「広島焼き?」ってメンバーに聞いてて、あぁちゃんが「ソバが下にあるんですよね」とか説明してたが、時間がかかりそうだったので「あとで食べるよ」とか話しを濁してて笑った。他の名物では、あぁちゃん曰く「ライブ前にむさしむすびを食べました」と。どうやら「むすびむさし」っておにぎりが有名らしい。めっちゃおいしかったぁとあぁちゃん。ひーちゃんが「ひとつひとつ具が違うんですよ!?」と力説していたら、周りの広島ヲタが???となってて、ギャップが面白かったw そこからなぜか女子流みんながたくあん好きって話しになり、あぁちゃんめいちゃんが2枚食べたって話しになり、みゅちゃんが「名物関係ないんですが」と苦笑しながら次に繋げてて面白かったな。基本的に名物の話しは現地ヲタとの認識のギャップが面白かったなw あんまり下調べして無い感も面白かったw みゅちゃんが、先に進めるために無理やり話を切ろうとする感じもジリジリしてて面白かったw めいちゃんとか話しに夢中で、最後の最後に後ろに行っちゃったりしててw
7曲目は「カバーメドレー」。「Movin'on」ではひーちゃんの出だしがイカンかった。みんなの振りも小さめでスロー。でもダンスの揃いはいい感じ。「Get Over」では歌がなあ。あぁちゃんがハモリをやったんだけど、まったくあってなかった。ちょっと不調か。ひーちゃんが凛々しかった。そしてひーちゃんは良く客を見てるなと思った。「AMAZING LOVE」では、ゆりちゃんのソロ部分がキマまってた。ゆりちゃんの笑顔って、本当に楽しそうに笑うから、見てるこっちまで楽しくなっちゃうよね。「グロイン」みゅちゃんの歌が厳しいぜ。大阪ではまあまあまで行ってたけど、戻っちゃった感じだ。でも大好きな曲なので盛り上がった。
ステージをはけるメンバー。幕間。着替えです。大阪では音声だけだったのが、広島では動画。非常口上の壁をスクリーンに。本番前の様子をレポート。髪をセットしている様子。カメラはあぁちゃん。床に体育座りで、むすびむさしをたべるひーちゃん。ひ「おいしい。色んな味が付いてる」 前髪を切っためいちゃん。すっごく短い前髪。みゅちゃん曰く「面白くなった」「おぼっちゃまみたい」。みゅちゃん曰く、髪を切ったあとのひーちゃんの眉毛が面白い。「おじゃる」みたい、とのこと。「ファンの人も見たことないんじゃないかな」。めいちゃんがあぁちゃんからカメラを奪い、あぁちゃんを映してあげる。「おなかすいたー」というあぁちゃん。みゅちゃんはおにぎりを食べる姿が特徴的。椅子に横に座り、背に寄りかかり、食べてる。行儀悪いけど、かわいい。みんなのアップを次々映しながら「またね」と回していく。これで一旦映像修了。終わったーと思ったらすぐに再開。冷えピタしてるみゅちゃんが写ったりしたけど、これは短いコメントですぐに修了。
8曲目「孤独の果て〜月が泣いている〜」。ここから新衣装。これ、髪型も可愛いよね。アワワワワの振りがかわいいなあ。ゆりちゃんの高音良し。あぁちゃんだけが余裕がある感じか。みゅちゃんがちょっとよろけてしまう部分有り。今日はちょっと曲の完成度が低いかも。でも逆に、歌はしっかり生で歌ってるんだな、と。被せてないんだなと改めて実感した。
9曲目。「Attack Hyper Beat POP」。やっぱりこの曲は燃える。ユニゾン部分の歌がバラバラ。大阪で感動したあぁちゃんひーちゃんの掛け合いもイマイチだったのが残念。でもこの曲の振付大好きだし、曲も盛り上がるし、超気持ちよかった。勢いで持って行った部分はあるかな。サビの部分は客が自然とタオルを振り回してた。それくらい盛り上がってた。
MC。アルバムについて。新曲について。ツアー初披露の曲について盛り上がってくれて嬉しかったとのこと。あぁちゃん曰く「ウォーって戦いみたい。タオル振り回して凄かった。ケド、嬉しかった」とのこと。めいちゃん曰く、いつも以上に汗でビショビショになったとのこと。他のメンバーがウンウンとうなずく。みゅちゃんは汗が目に入ったとか。それに対して「しょっぱいよね」と返したてのは誰だっけ。目なのに味覚w ひーちゃんはそれに対して関係ないけど「目にまつげが入って痛い」と。そこからひーちゃんの目が大きい話題にうつり、ゆりちゃんが「リハでのひとみが人形みたいで怖かった」と報告。周りのメンバーもうんうんとうなずく。ひーちゃんはそれを言われてちょっと微妙な表情をしてた。「(人形を)やって」との声も出たが、照明の関係もあるらしく、それは無しに。そのあとペンライト演出の説明。まずはペンライトを持ってる人の出席確認w ゆり「うちらの方がデカイから(ステージが高い)、下に隠していてもわかりますよー」に笑った。みゅ「付けたり消したり」。ペンライトに参加するが難しい。周りの客たちも「難しい」「難しい」とぽつぽつ呟くw あぁちゃん曰く「頑張ってついてきて」
10曲目「Love like candy floss」。ペンライトを首からひもでつって踊るメンバー。大阪でも感じたけど、これ良いなあ。この曲のユニゾンは上手くいってた。さすがに数こなしたからかな。あぁちゃんがとても気持ちの入った歌い方をしていた。ひーちゃんはもう完全に地声に。「付けたり消したり」は、「付ける」は上手くいったけど、「消したり」で自分は失敗。でもきれいだったな。
11曲目。「サヨナラ、ありがとう。」。しみる。ていねいに歌うメンバー。痺れる。あぁちゃんひーちゃんは、歌はかなりヤバめだが、表情が素晴らしい。この曲はいいなあ。じんわり胸に来る。
MC。「ペンライトありがとう」。メンバー感想。
あぁちゃん。今日が最終日。1年でツアーが出来るなんて思わず、嬉しかった。成長できたのも、みなさん家族友達メンバースタッフで支え合ってこれたから。ここじゃないもっと上を目指す。ずっとずっと見守ってください。としっかり。
みゅちゃん。一年でツアーが出来て嬉しい。ツアーという目標はクリアしたけど、ここがスタート。1stアジアツアーを目指すとのこと。「1stアジアツアー」がなかなか出てこず、何度も「1stジャパンツアー」と言っちゃうみゅちゃん。
ひーちゃん、5/1今日最後の広島に来てしまいました。ひとみの重いキャリーケースには思い出が一杯で、もう入らないくらい。上を目指して頑張ります。
ゆりちゃん。みなさんの笑顔を見たら感動した。よかった。女子流がもっと大きくなる。成長を見守ってください。
めいちゃん。あっという間に最後。早くて自分たちでもあっという間と感じる。ひとみが言ったように、たくさんの思い出が出来た。一生忘れられない思い出。素敵なボーカル&ダンスグループになる。
12曲目「ヒマワリと星屑」。幸せな時間。クラップ楽しい。
ラスト「ゆうやけハナビ」。手にはヒマワリ付けたまま。ゆりちゃんのステージ楽しんでる感が半端ない。こっちも楽しい気持ちになる。手をつないでのところの振付で、5人が手をつないで上に掲げるんだけど、ここがすごく好き。最後に「広島のみなさんありがとうございました」と深い礼。19:42。
アンコール。かなり熱いアンコール。8bitの「おんなじキモチ」がかかる。こちらも大阪と違ってVTRあり。非常口の上をスクリーンに。結構良い出来だったな。PVの世界観(箱庭)を元につくられてて、完成度高い。ダンスも良く再現してた。
8bitの「おんなじキモチ」の終わりに併せて、振付のままステージに現れるメンバー。そのまま「おんなじキモチ」。客も含めてみんなで振り付けした、極上の楽しい時間。良く見るとめいちゃんの前髪はたしかにかなり短くなってたw
アンコール明けMC。あぁちゃんがみゅちゃんに目線を送り、みゆちゃんが照れながら「アンコール、ありがもみじまんじゅう」と振り付きで言うと、メンバーも「ありがもみじまんじゅう」と。これかわいかった!アルバムに収録してある「おんなじキモチ」の中国語verについて説明。ゆりちゃん曰く「1日前に渡されて覚えて、翌日収録だった。そういう女子流の苦労も考えて買って下さい」と。笑った。けどそんな収録で大丈夫なのかw
ラストは「キラリ☆-Royal Mirrorball Mix-」。MC終わりにメンバーが「一緒に歌って下さい」と言っていたので、客席も含めて大合唱。めいちゃんなんて、マイクを客席に向けてたしね。ひーちゃんがちょっと涙目になってた気もするが、基本みんな笑顔で、本当に楽しそう。ステージを楽しんでる様子って、心にぐっと来るよね。そして本当に最後。女子流ちゃんたちが客席に手を振る。この幸せな時間がずっと続いたらいいのにってずっと思ってた。。。はけるメンバー。寂しかった。。。20:02
ツアー最終日。やっぱり思いは残っちゃうわけで、ずっとアンコールしてた。追い出しのアナウンスもあったけど、おさまらない客席。10分ぐらいアンコールをすると、メンバーが再登場。あぁちゃんが「予定外」と前置きし、でも「嬉しかった」と。「これからも5人で頑張ります。ずっと応援して下さい」と述べ、手を振って去るメンバー。客席もこれで納得し、会場を包む万雷の拍手。個々人から放たれる「女子流さいこー」の声。まさにその通りだった。
最高のライブをありがとうございました。

参照URL